診療内容(こども)

お子様の矯正

5歳から9歳頃までのお子さんのための予防矯正治療です

永久歯がなかなか生えてこない
歯が曲がって生えてきた
寝るときに下を向いて寝ている
口が常に開いている
姿勢が悪い
よだれが多い
鼻が詰まっている
鼻が上を向いている
中耳炎内耳炎など耳の病気に悩まされている
食事が遅い
食事の時にペチャクチャ音を立てて食べる
落ち着きがない

これらの症状は
歯並びが悪くなるサインです

歯並びが悪くなる原因は
歯がきれいに並ぶためのスペースが足りないからです

つまり歯並びの不正の原因は
あごの骨の成長不足です


あごの骨の成長不良を放置しておくと
どうなるのでしょうか?

あごの骨は頭の色々な骨とくっついていて
あごの骨の刺激を受けてほかの骨も成長していきます

しかし、あごの骨の成長が悪いと
歯並びが悪くなるだけではなく

鼻の通りが悪くなったり
扁桃腺が腫れる
などの呼吸器系の症状が出てきます

それが悪化すると
慢性鼻炎
アデノイド
中耳炎、内耳炎
といった病気が起こります

また
鼻が詰まることで
口呼吸になり
鼻で浄化された空気ではなく
口から直接汚れた空気を吸い込んでしまいます

その結果
免疫器官である

扁桃腺が過反応してしまい
扁桃腺が腫れたり
何でもかんでも免疫が反応してしまう
アレルギー反応
アトピーといった病気を引き起こします

また鼻呼吸は
鼻の中に風を通るため
脳を冷却しています

ですが
口呼吸になると
脳が冷却されないので

イライラしたり
集中力がなくなるといわれます

その状態に病名を付けるとすれば
ADHDという病名が付くのでしょうか…

呼吸という行為は
生きるために最も必要な運動で
そこが間違っていると
様々な病気になることは当たり前です

その成長に
大きな役割を果たしているのが
あごの骨なのです


あごの骨の「成長不良」は
様々な病気の原因になります

この文章の最初に書いた症状も
病気ではありませんが

「病気」という名前が付く一歩手前です
その症状に対する薬を飲んでも
一時的に改善しているだけであって対症療法にすぎません

あごの骨の成長を促進させ
周囲の骨も刺激することで
体の成長も促していくことが
原因療法ではないでしょうか?

当院がおすすめしている顎顔面矯正治療は
あごの成長不良を改善し
あごの成長を促進することで
周囲の骨や組織の成長も
促進させようという予防矯正治療です

目的は歯並びの改善ですが
実はそこだけではなく
あたまの骨全体の改善が目標です

顎顔面矯正治療は
当院の小児歯科の中で一番支持されている矯正治療で
急速拡大装置という装置を使いあごの成長を促します

あごの骨がやわらかい5歳~9歳が最も効果的です

あごを拡大し
刺激することで
周囲骨の成長を促進します
そして鼻呼吸を促し
トレーニングすることで鼻呼吸も獲得することが出来ます

大切なお子様が
病気で苦しむ姿は見たくないものです
様々な病気の原因となり得る
あごの成長不良を早期に改善し

お子様の持つ本来の能力を
発揮させてあげましょう!

顎顔面矯正治療は保険外治療です
保険外治療は保険治療とは異なり費用が掛かります

ですが
大切なお子様の健康のための投資は
最も価値のあるものです


医院長も4人の子供がおりますが
大切な家族の健康ためであれば
お金で解決できることならなんでもします

実際
長女も顎顔面矯正治療をおこなっています
それはこの治療が
娘の将来の健康のために効果的だと
確信しているからです

大切なお子様の将来の健康のために
強くお勧めします

現時点で
お子様の健康に不安がある親御様
ぜひ一度ご相談ください

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院顎顔面矯正

開始する年齢により顎の骨の状態や成長度合いが違うため矯正プランが異なります。
例:6~8歳で開始ー顎顔面矯正 Ⅰ期→一旦終了(経過観察およびメンテナンス)
  8~10歳で開始ー顎顔面矯正 Ⅰ期→一旦終了(経過観察)→成人矯正へ
  10~11歳で開始ー顎顔面矯正 Ⅰ期→成人矯正へ移行

年齢が上がるほど顎顔面矯正治療と2期治療(よく見かけるワイヤー矯正治療)
が必要になる可能性が高くなります。
治療終了後、または経過観察中
しっかりガムをかんであごの成長を促す
姿勢を正して鼻呼吸する習慣をつける努力をするなどが出来ない方は
歯並びがきれいにならない事があります
その場合も親御様と相談の上、2期矯正治療に移るか選択いただくことがあります

顎の成長が終了した13歳以上のお子様は、顎顔面矯正 Ⅰ期を行えない場合があります。
そのばあいは永久歯を便宜抜歯してからの成人矯正となる可能性が高くなります。


価格のご案内 ※価格は全て税抜きです


《顎顔面矯正 Ⅰ期》
・診断料:20,000円
・費用:300,000円
・毎月の調整料:5,000円

《顎顔面矯正より成人矯正に移行 Ⅱ期》
・診断料:30,000円
・費用:350,000円
・毎月の調整料:5,000円

《成人矯正》
・診断料:50,000円
・費用:650,000円
・毎月の調整料:5,000円


治療期間


約3年
※期間はおおよその目安です。症状の状態、治療によって異なります。


対応担当医師


髙松昇一郎
香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院院長


香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医電話で予約

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医ネットで仮予約
※ネットでの予約は仮予約です。
折り返しの電話があって確定となります。

メールでお問い合わせ

①症例1
あごが小さいため歯がきれいに並びそうにありません

②症例1
急速拡大装置により拡大しました。一時的ですがかみ合わせがおかしくなります

③症例1
全ての歯が永久歯に変わるとかみ合わせが安定して歯並びが良くなりました。
お子さんの普段からの活動量やガムをかむ回数などにより歯並びが整うかどうかが決まります
このお子様は顎顔面矯正治療のみで終了することになりました

①症例2
前歯1本が反対咬合になってしまいました。
通常の矯正治療なら永久歯が生えそろってから抜歯矯正になりますので
14歳まで様子見ですが、顎顔面矯正治療では早期に治療に取り掛かります

②症例2
急速拡大装置によりかなりあごが広がりました。一見して心配なほど広がります。大丈夫なのでしょうか??

③症例2
全ての歯が永久歯が生えそろうときれいな歯並びになりました。
本人様の努力もありますが、子供の可能性は無限大です。
早期に成長不良は改善してあげて健全な成長を促してあげたいものです
このお子様もかみ合わせが多少あっていませんが顎顔面矯正治療のみで終了しました

①症例3
顎顔面矯正治療で最も相性が良いと感じているのは反対咬合のお子さんです。
5.6歳のお子さんであれば90%以上の確率で1期矯正治療で完了できます

②症例3
反対咬合のお子さんは上のあごの成長が特に悪いので反対咬合が解消されるまで何度も拡大を繰り返します

③症例3
反対咬合が解消されてきましたが安心はできません。ここからもう一度拡大をしました

④症例3
お子さんにとっては嫌な矯正治療かもしれませんが、将来に渡り良い歯並びが維持されればそれは素晴らしい財産になるはずです。
歯磨きが嫌なお子様には歯磨きをさせないことが良い事でしょうか?
当然虫歯になり苦しむはずです
それと同じで歯並びが悪いお子様にとって顎顔面矯正治療は嫌な治療かもしれませんが
必要な治療です。親として良い選択をしてあげたいものです
このお子様も顎顔面矯正治療のみで終了しました
年齢が若い方が顎顔面矯正治療のみで終了できる可能性が高くなります