GBRの勉強会に参加してきました

おはようございます


高松市春日町のハローズ内にあります
予防歯科、メインテナンス、インプラントの
たかまつファミリー歯科医院
医院長の高松です

少し前の話にはなりますが
10/19の土曜日の診療後
丸亀市霞町のたくま歯科医院にて
豚の骨を使用したGBRの勉強会、実習会をしました



歯がなくなると
あごの骨も歯を支えるという機能を失うため
毎日少しづつなくなっていきます

ですので
歯がなくなってからインプラントをしようと思うと
骨がなくなっている場合があります

その時に
骨を足すテクニックのことをGBRと呼びます
場所や術式によってGBRの方法や呼び名も変わりますが

今回は
基本的な切開や縫合の練習から始まり
(実はこの切開縫合がめちゃくちゃ重要なんです!!!)
上顎に対するソケットリフトやサイナスリフト
下顎のブロック骨採取から
ブロック骨移植まで
ほぼすべてのテクニックを学びました

実際臨床でも経験はありますが
今回また学びなおしました

先人たちが築いた
基礎やエビデンス
というものがとても重要なんだということを
再認識しました

切開や麻酔一つとっても
すべて意味や術式があります
そこをしっかり意識して
より治癒率の高い
安全度の高い治療を提供できるように
これからも頑張っていこうと思いました!

ちなみに
終わったのは朝の5時半でした…

そしてそのあと
すぐに帰ってシャワーを浴びて
始発の飛行機に乗って
今度は東京で
またGBRの勉強会に参加してきました!

睡眠時間が本当になくて
とても眠たかったのですが
なんとか実習を受けることができました

お昼休みに東京の白金を散策しましたが



月極の駐車場でも
毎月5~6万してました

私が岐阜に住んでいた時は
確か4万円で駐車場も込みだったような…

やはりすべての中心の東京ですね!

話は戻りますが
東京の勉強会では
顎模型を使って

抜歯後即時埋入の実習や
歯肉移植を学びました

この勉強会は
あと2回参加します
結構内容も充実して楽しかったので
あとの2階が楽しみです!!

今後も
技術を研鑽させ
より良い治療を提供しつづけます☺

医療費控除の説明

ブログ一覧へ戻る

  • このブログの記事は「髙松昇一郎」が書きました。

    私の使命は皆様がより健康に幸せになって頂くことです。
    ご自身の歯をできるだけ残し、長期的な観点からの治療方針を提供します。
    治療終了時に喜んで笑顔になって頂けるよう全力を尽くします。
    どんな些細なことでもご相談ください。
    きっと納得できるような良いアドバイスができると思います。

    星星

    指名予約