南海トラフ地震の対応について

おはようございます

高松市春日町のハローズ内にあります
予防歯科、メインテナンスの
たかまつファミリー歯科医院
院長の高松です

世間は3連休ですね
私は今日仕事があり
その後勉強会があります

しかし!
日曜日は温泉にいくのです!

いいでしょ~

今から楽しみです☺

私は
高松市歯科医師会の総務部に所属しています

昨日は
総務の中の
災害担当者会議に出席してきました

災害は
もちろん南海トラフ地震を想定してのことです

南海トラフ地震は
おおよそ100~150年間隔で定期的に来ている地震です

詳しく説明するとながいので省きますが

地殻が地球の中に滑り込んでいるので
そのひずみがある限界点に達したときに
バイ~ンと元に戻る

それが地震です

ひずみが戻っても
また地殻は滑り込んでいくので
だいたい同じくらいの感覚で
地震が起きます

南海トラフ地震は
今後30年の間に80%起こるといわれています


地震の強度は香川県で6~6強
津波も2m前後あります

その時に歯科医師がどう動くかを
決めるのが災害担当者会議です

例えば
救護活動
歯科医師の安否確認
避難所への訪問診療
身元確認
援助物資の配布
など

たくさんしなければいけない事があります
その時に効率よく仕事ができて
被災者の役に立てるようにしなければいけません

こんなこと
1人ではとてもできない事です

改めて
集団の大事さを理解できました

地震は無いに越したことはありません
ですがもしもの時に備えて

家族で避難場所を決めておくとか
携帯が使えなくなった場合の
連絡方法とか
話し合っておくことをお勧めします

一番大事なのは命ですからね!

では
良い連休をお過ごしください

ブログ一覧へ戻る

  • このブログの記事は「髙松昇一郎」が書きました。

    私の使命は皆様がより健康に幸せになって頂くことです。
    ご自身の歯をできるだけ残し、長期的な観点からの治療方針を提供します。
    治療終了時に喜んで笑顔になって頂けるよう全力を尽くします。
    どんな些細なことでもご相談ください。
    きっと納得できるような良いアドバイスができると思います。

    星星

    指名予約