乳歯かグラグラ…自然に抜けるまで待ってていいの?

おはようございます!

高松市春日町のたかまつファミリー歯科医院

スタッフ塩田です(^^)/

 

今日は乳歯について質問の多い

乳歯は自然に抜けるまで放っておいていいの?

についてのお話です。

 

乳歯の歯並びは3歳ごろに完成します。

そのわずか3年後の6歳前後になると

前歯のあたりからグラグラと動き始めます。

そうです!乳歯の生え変わりの始まりです。

 

歯並びができてからたった3年しか経っていないのに

なんとも早い話ですよね!

 

このグラグラと動き始めた乳歯

自然に抜けるのに任せておいておいたほうが

いいのでしょうか?

それとも歯科医院で抜いたほうがいいのでしょうか?

 

乳歯が抜け替わる時期

乳歯を歯科医院で抜くのか

ご自身で抜くのかを考える上で

まず押さえておかなければならないのが

抜け替わる時期です。

 

乳歯は前歯から生え変わります。

乳中切歯(真ん中の乳歯):6〜8歳

乳側切歯(乳中切歯の隣の乳歯):7〜9歳

乳犬歯:9〜12歳

第一乳臼歯(前から4番目の乳歯):10〜13歳

第二乳臼歯(前から5番目の乳歯):10〜13歳

個人差があるので

多少年齢に差が生じることはありますが

これが概ね適切な生え替わりの時期です。

 

歯科医院で抜いてもらったほうがいい乳歯

自然に抜け替わるのを待つより

歯科医院で抜いてもらったほうがいいと思われる

乳歯についてご紹介します。

 

乳歯の下に永久歯が見えているとき

グラグラした乳歯の下に

永久歯の一部が見えているけれど

なかなか乳歯が抜けないというケースです。

 

通常はお子さん自身が気になって触ることで

ポロッと取れてくるものですが

中には意外としぶとく残っていることがあります。

 

そのまま置いていると、永

久歯が変な方向や位置に生えてくる原因になるので

抜いておくことをおすすめします。

 

永久歯がずれた位置に生えてきたとき

本来永久歯はその上にある乳歯に誘導されて

乳歯の真下から生えてきます。

 

歯の元となる組織を歯胚(しはい)といいます。

歯胚は乳歯の真下にあるものですが

中には永久歯の歯胚の位置がずれていることがあります。

 

永久歯の歯胚の位置がずれていると

永久歯は乳歯の真下から生えてこず

少し離れた位置に生えてきます。

そのため乳歯の根が溶けなくなり

乳歯が自然に抜けなくなります。

 

このような位置がずれた永久歯を

異所萌出歯といいますが

きちんとした位置に歯を移動させるためにも

乳歯は抜歯しなくてはなりません。

 

乳歯の歯根の一部が残ったままになっているとき

虫歯や外傷を受けた乳歯に多いのですが

乳歯から永久歯に生え変わるとき

歯根がきれいに吸収されず

一部残ったままになっていることがあります。

 

永久歯があるべき位置に並ぶ際に

邪魔になってしまいますが

自然に抜けることはなかなか期待できないので

抜歯してもらったほうがいいです。

 

深い虫歯になってしまった乳歯

歯冠がかなり無くなるほど深い虫歯になった乳歯は

乳歯の根の先に膿がたまっていることが多いです。

永久歯はこの膿の下に埋まっています。

膿が永久歯の成長発育を妨げてしまうため

きちんと生えかわらなくなってしまいます。

そのために乳歯を抜歯しなくてはなりません。

 

片側だけ抜けて反対側がなかなか抜けないとき

通常乳歯から永久歯へは

左右対称的に生え変わっていきます。

しかし中には片側は抜けたのに

反対側がなかなか抜けないというときがあります。

 

このようなとき過剰歯という

余分な歯がうまっているなどの理由で

生えかわれないのかもしれません。

 

歯科医院で調べて

必要なら抜いたほうがいいです。

 

乳歯が癒合歯のとき

癒合歯(ゆごうし)とは

2本がくっついて1本になった歯です。

 

乳歯の癒合歯は前歯に多いのですが

癒合歯の場合永久歯が下から生えてきても

片方の根しか溶けていかないため

なかなか乳歯が抜けません。

 

そこで乳歯を抜歯して

永久歯が生えてくるためのスペースを確保します。

 

抜かないほうが良い乳歯

抜いたほうがいい乳歯があれば

生え替わりの時期が来たという理由だけでは

抜かないほうが良い乳歯もあります。

それは次に生えてくるべき永久歯がない乳歯です。

 

これを先天欠如歯といいます。

前から数えて5番目の第二小臼歯とよばれる歯に

しばしば見られます。

先天欠如歯の場合

乳歯は永久歯の代わりにできるだけ長い間

保たせたいので

生え替わりの時期が来たという理由だけで

抜くのはおすすめできません。

 

今回は乳歯は歯科医院で抜いたほうがいいのか

自然に抜けるのを待つのとどちらがいいのか

についてお話ししました。

 

乳歯から永久歯は

お子さんの成長とともに自然に生えかわるものです。

 

しかし中には

歯科医院で抜いたほうがいい場合もあります。

①乳歯の下に永久歯が見えているとき

②永久歯が変なところから生えてきたとき

③乳歯の歯根の一部が残ったままになっているとき

④乳歯が深い虫歯で抜けないとき

⑤片側だけ抜けて反対側がなかなか抜けないとき

確かに乳歯は歯科医師が抜かなくても

自然に抜ける場合がほとんどです。

しかしこのようなときは

将来的に歯並びを悪くすることが多いので

そのリスクを減らすためにも

歯科医院で抜いてもらうことをおすすめします。

 

当院は抜歯を含め乳歯の治療も行っています。

乳歯の生えかわりに不安を感じたら

ぜひご相談くださいね(^^)/

Please Enter Your Facebook App ID. Required for FB Comments. Click here for FB Comments Settings page

投稿者プロフィール

たかまつファミリー歯科医院 スタッフ
たかまつファミリー歯科医院 スタッフスタッフ
たかまつファミリー歯科医院のスタッフです。
治療終了時に喜んで笑顔になって頂けるよう全力を尽くします。
どんな些細なことでもご相談ください。
きっと納得できるような良いアドバイスができると思います。
プロフィール詳細はコチラ

関連記事

  1. 大事にしてますか!?人生のパートナー!

  2. 歯並びに関係する!食べる機能の重要性!飲み込む(嚥下)編

  3. 特に気を付けたい妊娠中のオーラルケア!

  4. この歯医者は「優しい」とよく言われます

  5. 歯並びをよくする口育て!離乳食完了期編!

  6. 仕事のモチベーション?

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院お問合せ
香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院電話
香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院院長挨拶

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院治療内容

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院顎顔面矯正

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院医療費控除

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院一般歯科

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科おとなとこどもの矯正ならたかまつファミリー歯科医院高松昇一郎院長ブログ

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科おとなとこどもの矯正ならたかまつファミリー歯科医院スタッフ歯科衛生士ブログ

香川県高松市春日町の歯医者小児歯科ならたかまつファミリー歯科医院医院お問合せ

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2